スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国のこと。

ねむ…い…。

が、とりあえず書いておこうと思う。
ホント、今回は無事に帰国できるか危ないところでした。


…NZ時間4時。
迎えのシャトルを頼んでいたので、門の外にでる。
…が、来ない。
慌てて電話して確認してみると、「4時半に行きます」と。
…確認メールに4時って書いてあったよ!?
仕方ないので30分待つ。

4時半にシャトルが無事に来たので、荷物を預け、乗り込む。
結構飛ばすおっちゃんの運転で空港へ。
4時40分頃、無事に空港に着いて、チェックインカウンターへ。

…ですが、並んだ途端にサイレンが鳴り、「火災です。建物の外にでてください」のアナウンスが…。
全員が外の駐車場に出て、陽も昇っていない暗い寒い中、待機。
でも私らより、半袖の制服姿のスタッフ達のが寒そうだった。
15分位して、消防車が2台到着。
異常はなかった(誤報?)らしく、サイレンを解除してくれて無事に建物の中へ。

で、また並び直して、ようやっとチャックイン。この時点で5時半くらい。
…が、Eチケットが取れてない、と言われる…。
何でー??
電話で変更をお願いして、その時に手数料も支払ってなおかつちゃんとメールでEチケットの添付が来たのに。
そのまま別カウンターへ連行(笑)され、そこで最予約。
それからまた並んで、チェックインしたら、「スーツケースが重いので5千円かかります」って言われたので最パッキング。
で、また並んで、無事にチェックイン終了。

…この時点で、6時半。
うう、早めにチェックインして食べようと思って作った朝ごはんも食べられず、慌ててゲートへ。
ゲートくぐってから搭乗まで5分くらいは余裕があったから、思えばこの時にもう少し落ち着いて色々としておけば良かったんだけど。

結局、10分遅れの7時10分に離陸。
そしてその分遅れて、8時10分にオークランドに到着。
ウェリントン空港は小さいんだけれどオークランドの空港は大きいので、国内線と国際線のターミナルが別棟になっています。
なので、国際線のターミナルまで10分くらい歩く。
で…チェックインはウェリントンで済んでるって言われたけど、搭乗口がわからない…?
うろうろして結局わからず、チャックインカウンターで聞いて、国際線ゲートへ。
この時点で8時30分。
そこから出国審査して、抜けたのが9時…5分。
慌てて搭乗ゲートへ。私が最後。(いや、新聞買ってたのが悪いんだけど)

まぁ、何とか定刻通りにゲートから離れ、離陸できました。
しかし…。
電話で予約した時に「通路側で」って言ったのに取れてなかったので、窓際の席になっていた…。
うう、3人席の窓際って嫌いなんだよなぁ。トイレ行けないじゃん。…行ったけどね。

そこからはまぁ、特に何事もなく無事に帰国することが出来ました。
あ、でも、朝ごはん用にって作ったサンドイッチとりんごは食べられず、泣く泣く成田空港で捨てる羽目になりましたけれども。
それと、オークランドで土産物屋を覗く余裕が無かったので、お土産はあまり期待しないで頂きたいのですが。
むしろみんなの分までは無いかも。

途中まで(というか前半)は本当に帰国出来るのか(トラブル的に)不安でいっぱいでした。
て言うかこれは、「帰国すんな」っていう神の声かと思いました。もしくは怠惰の罰。
むしろ今も、本当に帰国して良かったのかと不安でいっぱいでございます。

ま、でも帰国しちゃったし。

向こうにいてわかったけど、日本文化が無いと生きて行けないわ、多分。
なので、こっちで思う存分日本を満喫して、エネルギー貯めて、また半年頑張って来ます!!

まずは明日(もう日付変わっちゃったよ(汗)、指輪会議だ!!

……髪の毛切ってから行こうかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Profile

竹内ユイ

Author:竹内ユイ
Age&Sex:20代後半、一応女。
Home:埼玉県
I'm here:ウェリントン@NZ
Comments:長いことフリーターでふらふらしていましたが、ついに決意を固めて海外への旅立ちを決行!NZへワーキングホリデービザで行ってきます。

Twitter
 
メールフォーム
お手紙はこちらまで。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。